男女

睡眠をとっても疲れが取れない原因|サプリや生活習慣で改善

糖尿病などの疾病の要因

血管

ヘモグロビンa1cの数値によって、約2ヶ月間の平均的な血糖値がわかります。ヘモグロビンa1cの数値が基準を超えるようなときは、血糖値の上昇を抑えるサプリメントがおすすめです。なお、クロムをサプリメントで摂るときは摂取の目安を守りましょう。

Read

動脈硬化や肥満を防止

ゴマ

セサミンは抗酸化物質の一種で、摂取すると体内の脂質が活性酸素の影響を受けにくくなり、動脈硬化や肥満を防止できるようになります。ゴマを食べることで摂取できますが、量が少ない上に、うまく吸収されないこともあります。そのため多くの人が、適量を効率良く摂取できるサプリメントを利用しています。

Read

みなぎるホルモン力

メディシン

男女にとって、日々の栄養をサポートするサプリメントは人気があり、活力源として期待できるのがマカです。有効成分によって、妊娠へ向けた活動などにも賢く取り入れることができるため、近年話題を集めている健康食品です。

Read

疲労と生活週間

笑顔の女性

慢性的な疲労に悩んだ経験はないでしょうか。疲れが取れない原因は、睡眠や休息とは別のところにある場合もあります。例えば生活習慣の乱れ、内臓機能の低下、または栄養不足といったものも疲労の原因となるからです。たとえば生活習慣を原因とした疲労の一例を挙げます。朝食を抜くのが習慣化している人は、肝臓に大きな負担をかけています。朝食を抜くことでブドウ糖の供給源が絶たれ、それを補うためには肝臓内のグリコーゲンが消費されるのです。それが肝臓をはじめ内臓機能に大きな負担をかけることで慢性的な疲労を引き起こす原因となります。疲れが取れない原因が「朝食」にある場合は、しっかりと朝食をとることで改善されます。また朝食には栄養価の高いバナナ、ミネラルをたっぷり含んだ海藻類、良質のたんぱく質である卵、腸内環境を整える発酵食品である納豆やヨーグルトなどが特におススメです。

内臓機能の低下にはその他にも種類があります。例えば食べ過ぎにより胃腸を酷使していても疲労が溜まります。暴飲暴食後に眠くなるのは内臓がフル回転して疲れるからです。そのような時は寝て起きてもカラダがすっきりせず、妙な疲労感が取れないものです。翌日に疲労を残さないためには、腹八分目を心がけると良いでしょう。また腸内環境の悪化も疲れが取れない原因の1つです。腸内環境が悪化する原因は複数ありますが、主にストレスや生活の乱れ、姿勢の悪さや運動不足などが挙げられます。先に述べたように、腸内環境を整えるためには納豆やヨーグルトなどの発酵食品がおススメです。それらに含まれる乳酸菌が腸内環境を整える働きをするからです。疲れが取れない原因と、その対処方法についての一例を紹介いたしましたが、大きな病の初期症状のケースもあります。気になる場合は、一度医師の診察を受けるのが確実といえるでしょう。