婦人

睡眠をとっても疲れが取れない原因|サプリや生活習慣で改善

動脈硬化や肥満を防止

ゴマ

活性酸素の影響

ゴマは、健康にも美容にも良い効果をもたらす食品として注目されていますが、それはゴマに、セサミンが含まれているからです。セサミンとは、ゴマリグナンという抗酸化物質の一種で、これには活性酸素によって酸化させられやすいという性質があります。そのため摂取すると、セサミンが活性酸素の影響を先に受けることで、体内の他の成分の酸化が防がれやすくなるのです。セサミンは油分になじみやすい脂溶性の成分なので、摂取により特に脂質が酸化しにくくなります。脂質は酸化すると過酸化脂質となり、動脈硬化や肥満を引き起こします。そのため多くの人が、動脈硬化の予防やダイエットのために、セサミンのサプリメントを積極的に飲んでいます。

効率良く摂取

セサミンは、ゴマに含まれている成分なので、摂取にはゴマを食べることも有効とされています。しかしゴマは1粒1粒がとても小さい上に、その中に含まれているセサミンの量は、1%未満とごくわずかです。さらにゴマは硬い皮で包まれているので、胃腸でうまく分解されず、体に吸収されないまま便として排出されることもあります。そのため摂取には、サプリメントの方が適していると言えます。サプリメントは、ゴマからセサミンを抽出することで作られているので、飲むことでセサミンを効率良く体に吸収させることができるのです。また、毎日同じ数の粒を飲むことで、同じ量のセサミンをコンスタントに摂取できます。つまり、日によって摂取量が不足したり多くなりすぎたりする心配もないということです。