婦人

睡眠をとっても疲れが取れない原因|サプリや生活習慣で改善

糖尿病などの疾病の要因

血管

血液検査の数値をチェック

血管を流れる血液の成分のうち、酸素を運ぶ働きをしているのがヘモグロビンです。このヘモグロビンがブドウ糖と結合するとヘモグロビンa1cという物質ができます。このような反応は糖化反応と呼ばれるもので、糖尿病をはじめいろいろな病気の原因になるとして注目されています。血液の中にどれくらいの量のヘモグロビンa1cができているかは、血液検査によって分かります。ヘモグロビンa1cの数値があまりに高いようだと血糖値が継続して高い状態になっている恐れがあります。というのは、赤血球の寿命との関係からヘモグロビンa1cの数値を見ればその人の約60日間の血糖値を知る目安となるからです。ヘモグロビンa1cの数値が6.2パーセント以下であれば高血糖の心配はあまりないとされています。

クロム系のサプリの注意点

ヘモグロビンa1cの数値を下げる、つまり血糖値を危険な状態から安全な状態まで下げるためには、血糖値が大幅に上下しないような食生活をすることが大切です。したがって、血糖値の上昇の仕方をコントロールするサプリメントなどはヘモグロビンa1c値の改善に役立つといえます。糖尿病患者においてはクロムの不足が見られることから、最近では三価クロムに着目したサプリメントなども販売されています。健康な人は日常の食事から十分なクロムを摂れますが、ヘモグロビンa1cの数値が高い人の場合は吸収しやすい三価値クロムとラクトフェリンを組み合わせた三価クロムミルクがよいという意見もあります。しかし一方ではクロムをサプリメントで摂る場合1日に250マイクログラムを超えない方がよいという説もあるので、クロムのサプリメントを利用するときは摂り過ぎないよう注意しましょう。